ココロと体が喜ぶ『究極のお味噌』

鹿児島県にある小さな離島、甑島(こしきしま)で、暖かい気候の恩恵を受けた、昔ながらの菌が生きた田舎味噌を製造しています。

ホンモノの発酵食を食卓に

発酵食Lab 塩田亜耶子
会社員時代に激務から体調を崩したことをきっかけに、自分のからだとじっくり向き合ったことから『食』の大切さを痛感。発酵食のすばらしさにのめりこみました。
数ある発酵食の中でも、お味噌は日本が誇るスーパーフード!
島育ちのみそは昔ながらの手作業で製造しており大量生産できません。決して安くもありません。が、菌が生きたホンモノのお味噌です。毎日の健康のためにお役立ていただければ幸いです。

当店3つのこだわり

安心の九州産原料
島育ちの麦みそは産地指定の九州産大麦、九州産地大豆、九州産海水塩を使用しています。原材料にとことんこだわることで、甘みと旨みのバランスがいいお味噌に仕上げています。
安心安全はもちろん、九州伝統の味を作り続けます。
季節に合わせた製造レシピ
みなさん、夏に食べたいものと冬に食べたいものは違っていませんか?夏はさっぱりしたもの、冬はほっこりしたものを自然と体が欲します。
島育ちのみそは季節によって、原材料の配合や熟成期間を調整して製造。季節ごとにおいしいと感じるお味噌をお楽しみいただけます。
菌が生きたホンモノの味噌
漂白剤、保存料、甘味料、調味料、酒精無添加。加熱処理も一切行っていない、麹菌が生きたホンモノの発酵食品です。
島育ちの味噌は流行ものではなく、毎日毎日、何十年も食べ続けていただくための心とカラダが喜ぶ『究極のお味噌』です。

オススメの味噌活用

朝味噌汁習慣

朝は一日のうちで一番体温が下がっているときと言われています。
そんな朝にこそ、ホンモノのお味噌で作ったお味噌汁。しっかり体温を上げ、スッキリとした一日のスタートを。
(※島育ちの麦味噌使用)

ロールキャベツ

大豆に比べ脂質の少ないさっぱりヘルシーな雛豆を使ったお味噌は豆乳との相性がバツグン!
豆乳鍋はもちろんのこと、コンソメだしの豆乳ロールキャベツも絶品です。
(※島育ちの雛豆味噌使用)

ホイコーロー

甜麵醬の代わりにお味噌を使い、コクのあるホイコーローを。
お料理の基本調味料『さしすせそ』の『そ』はご存知、お味噌のこと。
お味噌汁だけではなく、醤油やお塩のような調味料のひとつとして、味噌をどんどん活用しましょう。
(※島育ちの長期熟成味噌使用)

島育ちのみそ

島育ちの麦味噌

発酵食Lab基本のお味噌。
通常の麦麹の倍量使用した20割麹。麹が香る、コクと甘みのあるお味噌に仕上げました。
流行ものではなく、毎日毎日、何十年も食べ続けていただくためのお味噌です。

商品ページ

島育ちの雛豆味噌

スープにぴったりなほっくりとした洋風味噌。
豆乳鍋やミルクスープとの相性がバツグンで、カレーやトマトソースなどの旨み隠し味にも最適。
ひよこ豆は食物繊維やミネラル類を豊富に含み、便秘の解消や丈夫な体を作る効果があります。

商品ページ

島育ちの黒豆味噌

九州産黒豆の優しい甘さと風味を活かした、コクと風味が自慢のお味噌です。野菜ディップにもオススメ。
黒豆にはイソフラボン、アントシアニン、サポニン、大豆オリゴ糖など女性に嬉しい栄養素が含まれています。

商品ページ

島育ちの長期熟成味噌

発酵食Lab基本のお味噌を長期熟成させました。
半年以上の熟成期間をとっているため、驚くほどマイルド。甘みと酸味のバランスが絶妙です。
お味噌汁だけでなく、ホイコーローなど炒め物にも。ココロとカラダに染み入る赤味噌です。

商品ページ

発酵料理教室

テーマは「発酵」

発酵食品は体に良いと聞くけどなんだかめんどくさそう。
興味はあるけど時間がないからできない。
そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
けれど、私は忙しい方ほど発酵に目を向けてほしいと思っています。
なぜなら、発酵食は短時間でおいしく料理が出来上がる秘密を持っているからです。手間がかかるのは仕込みの時だけ。後はほおっておけば菌たちが栄養とうまみを引き出す仕事をしてくれます。
こうして料理の時間を短くすることで、心の余裕も生まれますね。

「毎日食べたい、家族に食べさせたい素直においしい発酵食」

高級レストランのような凝った複雑な料理でもなく、 あれはダメこれもダメと制限するような、ストイックなごはんでもありません。素材の持つ本来のおいしさを発酵によって引き出し、シンプルに味つけしたもの。
毎日食べたいと思うまっすぐでおいしいごはんを、発酵料理教室を通してあなたの暮らしにお届けします。

詳細はコチラ